グローバル・ジャスティス研究会(京都)でのマラシーさんの報告

4月21日の講演会でのマラシーさんの報告は大変な衝撃でしたが、うまく通訳できず、十分に伝わらなかったと思われます。その後マラシーさんに事情を説明し、原稿を送っていただいたので、その日本語訳を配信します。参加されなかった方も是非お読みください。 タミル・イーラムは事実上の国家だったが、軍事力によって破壊された <4月21日のグローバル・ジャスティス研究会(京都)でのマラシー…

続きを読む

「ムリバイカル記憶の日」スタンディング(5/18)

「ムリバイカル記憶の日」スタンディングの呼びかけです 2009年5月スリランカ、7万人の犠牲の真実究明を!】 https://www.facebook.com/events/1740516109329708/ 日時:5月18日(金)19:00~20:00 場所:烏丸塩小路北西 (京都タワー前) 5月18日 韓国の光州蜂起(1980年)から28年。 そして、もう1つ忘れてはな…

続きを読む

GJ研究会「スリランカ人権活動家からの報告」〜タミル人へのジェノサイドが明らかに

4月21日、グローバル・ジャスティス研究会4月企画「『テロとの戦争』によって隠蔽されたジェノサイド スリランカ・タミルの悲劇」が、ひと・まち交流館京都で開かれました。skype中継によって、スリランカの人権活動家であるジュード・ラル・フェルナンドさん(アイルランド在住)、N・マラシーさん(ニュージーランド在住)のお話を聞き、会場からの質疑も活発に行われました。 ジュードさんは、タミ…

続きを読む

【声明】イスラエル入植地で活動する企業に関する国連データベースの公表を

パレスチナの平和を考える会から、「イスラエル入植地で活動する企業に関する国連データベースの公表を求める声明」への賛同呼びかけがありました。ATTAC関西グループも賛同しています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー イスラエルによる封鎖下にあるガザ地区では、超党派と非暴力を原則に掲げた「帰還大行進」が3月30日の「土地の日」から、「ナクバの日」(5月15日)まで行われています。ガ…

続きを読む

CADTM南アジア・ワークショップ開かれる

4月6日から8日まで、スリランカのコロンボで、CADTM(不当債務帳消し委員会)の南アジア・ワークショップが開かれ、日本からもATTAC関西の会員が参加しました。以下、ワークショップの簡単なレポートです。詳細な内容紹介は、後日に順次アップする予定です。 ワークショップの参加者は、スリランカ以外からネパール、バングラデシュ、インド、パキスタン、日本、CADTM書記局から、地元スリラン…

続きを読む