バーニー・サンダースが”バーディー”・サンダースになった訳

3月24日、オレゴン州ポートランドでのバーニー・サンダース支持集会において、彼が演説している時、一羽の小鳥が演台の上にとまったことが話題になっています。 バーニーは、小鳥が飛び去った後、「小鳥はこの場を象徴しているかもしれない。そうは見えないけど、あの鳥は平和を求めている白い鳩なんだ。戦争反対!」とスピーチを続け、参加者は大喝采でした。 YouTube: Bernie Sanders '…

続きを読む

分科会「被曝労働問題の現状〜フランス・ウクライナ・韓国・日本」での発言

3月27日に行われた分科会「被曝労働問題の現状〜フランス・ウクライナ・韓国・日本」( 主催:被ばく労働を考えるネットワーク)の様子はすでにこのブログにアップしていますが、発言内容を教えていただきましたので、紹介します。 フィリップ・ビヤールさん(フランス、原発下請労働者、1985—2006年、フランス電力公社の下請け労働者として保全作業に関わり、複数の原発で働く)  原発ロビ…

続きを読む

分科会「被曝労働問題の現状 フランス・ウクライナ・韓国・日本」

昨日の午後に開かれた分科会「被曝労働問題の現状 フランス・ウクライナ・韓国・日本」の様子です。主催者は「被ばく労働を考えるネットワーク」、会場は韓国YMCA会館地下のスペースYです。この分科会は「被曝労働問題はどの国でも社会的には闇の中にあり、原発が抱える問題の中に位置づけられていないことが多い。各国の現状を報告し、共通の課題を抽出する」という位置づけです。 発言された海外からのパ…

続きを読む

分科会「広島・長崎・ビキニ・福島を体験した国で、原発はなぜ再稼働されてしまうのか?」

昨日午後、スペースたんぽぽで開かれた分科会「広島・長崎・ビキニ・福島を体験した国で、原発はなぜ再稼働されてしまうのか?」の報告です。この分科会は、ピープルズ・プラン研究所と福島原発事故緊急会議の主催。会場には60人以上の参加者が詰めかけ、補助椅子を増やすほどの盛況でした。 分科会の趣旨は「敗戦直前、アメリカによって原爆が広島と長崎に投下され、アメリカによるビキニでの水爆実験により日本の…

続きを読む

分科会「原発を輸出しないで!アジアの人びとの叫び」

3月27日の午前中、「核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016」の分科会「原発を輸出しないで!アジアの人びとの叫び」が在日韓国YMCA会館で開かれました。 まず、トルコからメティン・ギュルビュズさん(トルコ、シノップ反原発プラットフォーム)、プナール・デミルジャンさん(トルコ、脱原発プロジェクトnukleersiz)が発言。トルコはエネルギーを十分自給できるのに、原発を作る必要…

続きを読む