反核WSF〜23日から始まります

「核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016」がいよいよ明日から始まります。ATTAC関西からの参加します。フォーラムの模様は、このブログで逐一レポートしたいと思います。 このフォーラムのプログラムを以下に紹介します。 ◆3月23日(水)◎「核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016」オープニングフォーラム18:30~21:00 在日本韓国YMCA9階 国際ホール発言:シコ・ウィタケー(…

続きを読む

映画「スカーフ論争〜隠れたレイシズム」上映会に参加して(改訂版)

3月18日、ヒューライツ大阪主催で、映画「スカーフ論争〜隠されたレイシズム」上映と菊池恵介さんらによるトークの集まりが開かれました。この集まりに参加した会員からの報告を紹介します。なお、当初公開していたバージョンから、少し変更しています、ご了承下さい。 なお、この映画については、以下の映画紹介をご参照下さい。 eigasyoukai.docxをダウンロード 菊池さんは、昨年7月…

続きを読む

チュニジアの若者にとって革命とは〜ジャーナリストへのインタビュー(その2)

CADTM(第三世界債務帳消し委員会)のニュースレターに掲載されたリム・ベン・フラージュさんへのインタビュー(その2)を紹介します。リム・ベン・フラージュ さんは、31歳の女性で、チュニジアのブロガー、翻訳者、フリージャーナリスト、翻訳者集団「トラスカラ」のメンバーです。このインタビュー(その2)では、チュニ ジアの若者にとって革命とは何か、そして革命の展望は、について語っています。 Q:…

続きを読む

チュニジアの若者の現状〜ジャーナリストへのインタビュー

チュニジアは「アラブの春」以降、唯一政治的果実として新たな憲法制定と選挙がおこなわれた国として知られています。昨年3月には、2回目の世界社会フォーラムがチュニスで開催され、ATTAC関西の会員も参加しました。 一方で、ISに参加している若者の数が中東・北アフリカで最も多いとされ、国内でも昨年3月の博物館襲撃テロ、最近のリビア国境沿いの兵舎襲撃なども起こっています。 CADTM(第三世界債務帳消し…

続きを読む

ホンジュラスの先住民族リーダー殺害を非難する国際共同声明

3月3日、ホンジュラスの先住民リーダーで、先住民の居住する地域の環境を破壊する鉱山開発やダム建設に反対するなどの活動を展開してきたベルタ・カセレスさんが殺害されました。日本のメディアでも簡単に報道されていますが、以下の記事が比較的詳しく報じています。 http://www.afpbb.com/articles/-/3079286 ベルタ・カセレスさん殺害に対して、国際的な非難声明が出され…

続きを読む