チュニジアの若者の現状〜ジャーナリストへのインタビュー

チュニジアは「アラブの春」以降、唯一政治的果実として新たな憲法制定と選挙がおこなわれた国として知られています。昨年3月には、2回目の世界社会フォーラムがチュニスで開催され、ATTAC関西の会員も参加しました。 一方で、ISに参加している若者の数が中東・北アフリカで最も多いとされ、国内でも昨年3月の博物館襲撃テロ、最近のリビア国境沿いの兵舎襲撃なども起こっています。 CADTM(第三世界債務帳消し…

続きを読む