分科会「原発を輸出しないで!アジアの人びとの叫び」

3月27日の午前中、「核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016」の分科会「原発を輸出しないで!アジアの人びとの叫び」が在日韓国YMCA会館で開かれました。 まず、トルコからメティン・ギュルビュズさん(トルコ、シノップ反原発プラットフォーム)、プナール・デミルジャンさん(トルコ、脱原発プロジェクトnukleersiz)が発言。トルコはエネルギーを十分自給できるのに、原発を作る必要…

続きを読む

クライメート・ジャスティスの観点からCOP21交渉と原発再稼働を考える(その3)

ワークショップ「クライメート・ジャスティスの観点からCOP21交渉と原発再稼働を考える」の報告(その3)です。フランスから参加された2名の方々のレポートです。 ベルナール・ラポンシュさん(フランスの原子力専門家、明石書店から共著「フランス発『脱原発』革命」が出版されている)  政府や企業は温暖化問題が現われたことで、原発問題が救われたと感じただろう。というのは、彼らは以前から「原…

続きを読む

クライメート・ジャスティスの観点からCOP21交渉と原発再稼働を考える(その2)

昨日開かれたワークショップ「クライメート・ジャスティスの観点からCOP21交渉と原発再稼働を考える」の報告の続きです。 明日香さんに続いて、ATTAC関西の春日匠さん(科学技術社会論)の報告を紹介します。 ーーーーーーーーーーーーーーーー  ATTACのメンバーとして社会運動の立場から発言したいと思います。温暖化対策のためにこそ脱原発を進めなくてはいけないというのが主張したいこ…

続きを読む