ATTAC関西定例学習会のお知らせ〜「縮小都市の挑戦」第3回

ATTAC関西グループ定例学習会のお知らせです。 今回のシリーズでは、「大阪都構想」をきっかけとして注目されている都市機能の問題を取り上げています。テキストは「縮小都市の挑戦」(矢作弘、岩波新書)です。 これまで、テキストで紹介されているデトロイト、トリノにおける都市再生の取り組みを学習してきました。第2章「トリノを再位置化する」の学習会レジュメは、以下のリンクからダウンロードできますので、…

続きを読む

エクアドル地震被災者に救援を

すでに本ブログでもお知らせしていますが、4月23日、インタグ鉱山開発に反対するエクアドル現地報告会が開かれます。この報告会を目前に控えた中、現地時間4月16日午後6時58分にエクアドルを大地震が襲いました。熊本での地震とまさに同じ時期でした。 この地震は、エクアドル中部沿岸部マナビ県ペデルナレス地方の地下20kmを震源として、マグニチュード7.8の規模です。これは熊本地震の20倍を超えるとのこ…

続きを読む

パナマ文書:日本とタックスヘイブン

パナマ文書に日本人の名前が載っているのかどうか、載っているとしたら誰か、ということが大きな問題になっています。パナマ文書の全貌が明らかにされるのはもう少し先になると思われますが、確実なのは日本の権力者や金持ちもタックスヘイブンを利用しているということです。 そのことの一端を示しているものとして、日本銀行が毎年公表している「直接投資・証券投資等残高地域別統計」があります。この統計の2001年末デ…

続きを読む

ATTACフランスがソシエテ・ジェネラル銀行に抗議行動(動画あり)

パナマ文書の衝撃力は、G20財務相・中央銀行総裁会合でも議題に取り上げられるなど、依然として衰えを知りません。ここで注意しておかなければならないのは、これは氷山の一角に過ぎないということです。 ヨーロッパの主な銀行をはじめ、税金逃れに手を貸している金融機関や法律事務所はたくさんあって、世界の権力者や金持ちはほとんどがこれを利用して、税金逃れに精を出しているのです。 ATTACフランスは、そう…

続きを読む

チェルノブイリの犯罪〜チェルトコフさん講演の全文・動画

3月末に東京で行なわれた反核WSFに参加されたヴラディーミル・チェルトコフさんは、それ以外にも本ブログで紹介した京都での集会をはじめ広島、岐阜でも講演を行なうなど、精力的に活動されました。また、3月28日には院内集会でも話されています。 チェルトコフさんの講演のいくつかが公開されていますので、紹介します。 28日の講演「チェルノブイリの犯罪」(日本語版)はこちらです 28日…

続きを読む