マイケル・ムーア〜今するべき5つのこと

マイケル・ムーア監督が大統領選挙の結果を受けてコメントを出しています。以下、ATTAC会員のFBからの転載です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 「驚いた」、「ショックだ」と言うのはやめないか。そんなことを言うのは、君が泡の中に生きていて、まわりの人たちのことやその人たちの絶望に見て見ぬふりをしていたことを告白しているだけだ。・・・ 早くからトランプ候補の勝利の可能性を指摘し、警鐘を鳴…

続きを読む

マクドナルドがフィレンツェ市に21億円の損害賠償請求!

マクドナルド社が、フィレンツェ市に対して、1780万ユーロ(約21億円)の損害賠償を求める訴訟を起こしました。これは、フィレンツェの歴史地区・ドゥオーモ広場への出店申請を同市に却下されたことに対するものです。 ダリオ・ナルデッラ市長は、「マクドナルドには申請を提出する権利がある。法律で認められているからだ。だがわれわれにも、それを拒否する権利がある」と言っているそうです。当然のことで…

続きを読む

マイケル・ムーアはトランプ勝利を予言していた

アメリカ大統領選挙で、トランプ候補が勝利し、次期大統領に決まりました。在る意味では,アメリカ支配層が推し進めてきた新自由主義的グローバリゼーションの結論の一つが、アメリカ国内で現われたということでしょう。 その勝因をめぐって、今後の影響をめぐって、さまざまな議論が噴出していますが、映画監督のマイケル・ムーアは7月の段階で、トランプの勝利を予言していました。もちろん「絶対に起こって欲…

続きを読む

朴槿恵大統領の辞任を求めて〜韓国高校生の訴え

韓国では、朴槿恵大統領の辞任を求める民衆的な闘いが大きく高揚しています。5日にソウルで行われた集会には、民衆総決起闘争本部など市民団体の主催で約20万人が集まりました。12日にも大規模な集会とデモが予定されています。 その中で、5日の大邱でのキャンドルデモで登壇した女子高校生のスピーチが評判になっています。スピーチの動画はこちらから。英語の字幕が付いています。韓国では、11月12日…

続きを読む

TPPで問題になっているISDS条項をめぐる最近の事例

TPPで問題になっているISDS条項をめぐる最近の事例について紹介します。ISDS条項とは、「「投資家と国家の紛争解決手続き」条項のことです。 世界銀行のICSID(国際投資紛争解決センター)がパシフィックリム社のエルサルバドル政府への賠償要求を却下 カナダの鉱山会社パシフィックリム社は、エルサルバドル北部のカバニャス県のレムパ川付近に埋蔵されている金の採掘を計画しましたが、水の汚染や環境へ…

続きを読む