RCEP神戸会合関連情報〜交渉の基本指針及び目的

2月27日からはじまるRCEP神戸会合について、ようやくメディアでも報道されるようになってきました。 26日のケルシーさん講演会で配布された資料「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の基本指針及び目的(仮訳)」を掲載します。 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の基本指針及び目的 (仮訳) 「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に関する ASEAN の枠組み」を認…

続きを読む

RCEPはなぜ日本にとって問題なのか〜ジェーン・ケルシーさん講演要旨

2月26日、神戸において、RCEP神戸会合に向けた企画として、「アジア太平洋のメガ自由貿易協定の行方と私たちの未来〜RCEP交渉の現状と問題点を語る」講演会が開かれました。 講演会では、鳩山友紀夫さん(元首相)とジェーン・ケルシー(オークランド大学教授)が講演しました、そのうち、ケルシーさんの講演要旨を掲載します。文責はATTAC関西にあります。 ジェーン・ケルシーさん講演 …

続きを読む

地球温暖化防止に向けたパリ協定と日本の課題 地球温暖化防止に向けたパリ協定と日本の課題〜気候変動学習会講演

2月21日の気候変動学習会(ATTAC関西グループ主催)での田浦健朗さん(NPO法人気候ネットワーク)のお話を掲載します。文責はATTAC関西にあります。 地球温暖化防止に向けたパリ協定と日本の課題 事実としての地球温暖化 まず、気候変動についての基本的なお話からやりたいと思います。 IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)第5次評価報告書によれば、1880年から2012…

続きを読む

モンゴルにIMFなどが支援パッケージ〜さらなる緊縮政策押し付けか

2月19日、モンゴル政府は、財務省とIMF(国際通貨基金)との共同記者会見で、IMFから3年間で4.4億ドルの融資を受けることに合意したと発表しました。この融資は、55億ドルに上る経済安定化パッケージの一部とされています。 このパッケージには、IMFからの融資の他に、世界銀行やアジア開発銀行(ADB)、日本・韓国などからの最大30億ドルの財政支援、中国との150億元(20億ドル超)のスワップ協…

続きを読む

4/1サパティスタ連帯企画

メキシコ先住民運動連帯関西グループが主催する「サパティスタ連帯企画」のご案内です。 【サパティスタ連帯企画】 「メキシコ先住民運動の現在進行形:サパティスタ民族解放軍と全国先住民議会2016-2017」 サパティスタ連帯企画を京都にて開催いたします。 メキシコ長期滞在の方のお話やDVD上映など、サパティスタと先住民運動の最新情報をお届けする予定です。みなさんの参加をお待ちします。…

続きを読む