GJ研究会4月例会のレポート〜「韓国の民主運動の今 - 東アジアの平和のための課題」

4月26日、今日のグローバル・ジャスティス研究会は、大統領罷免にまで追い詰めた韓国民衆の闘いをテーマにして開かれました。参加者からは、非常にわかりやすいレポートだったと好評でした。ATTAC関西では、大阪でも同様の学習会を企画する予定です。開催が決まりましたら、またブログにアップしたいと思います。 GJ研究会でのレポート、「韓国の民主運動の今 - 東アジアの平和のための課題」をダウンロード…

続きを読む

モンサント国際法廷で判事が法的見解を出す(再掲)

以下の記事は、4月21日に投稿されたものですが、なぜか見れなくなっていましたので、再度投稿し直しました。 4月18日、モンサント国際法廷で判事たちが法的見解を発表しました。 モンサントは、世界の遺伝子組み換え食品の90%を生産する巨大多国籍企業で、遺伝子組み換え種子以外にも、枯れ葉剤や成長ホルモンなどを生産しています。昨年10月、環境NGOなどが提訴して、モンサント国際模擬法廷が開かれ、…

続きを読む

「気候・雇用・正義のための行進」に向けて全米で活動

4月29日、アメリカの首都ワシントンで「気候・雇用・正義のための行進」が行われます。この行進については、この武具でも以前に取り上げましたが(以前の記事はこちらから)、運動の主体である「ピープルズ・クライメート・ムーブメント」のHPでは、29日の行進のコースが公表されています。この行進には、全米各地からバスをチャーターして参加者が集まってくるほか、全米の多くの都市で同趣旨の行進が「シスター・マーチ…

続きを読む

「どないなる?大阪!「都構想」・民営化を考える市民集会」〜どないネットのブログで順次報告

4月26日、どないネット(どないする大阪の未来ネット)の主催で、「どないなる?大阪!「都構想」・民営化を考える市民集会」が開かれました。ATTAC関西は集会の司会を担当しました。 集会には100名の参加があり、2〜3月の大阪市議会・府議会の結果を受けて、さまざまな課題に取り組んでおられる団体・個人から問題提起をしていただくとともに、5月17日に予定されている「住民投票から2年・大阪問題市民大集…

続きを読む

アジア民衆の訴え:アジア開発銀行(ADB)の免責に異議あり

アジア民衆の訴え:アジア開発銀行(ADB)の免責に異議あり ASIAN PEOPLES CALL: CHALLENGING ADBS IMMUNITY 原文(英語)はこちらから 2017年4月20日 はじめに アジア開発銀行(ADB)は1966年の設立以来、この地域から貧困をなくすために貢献する機関であるという幻想を流布してきた。同行は半世紀にわたるアジア太平洋地域における…

続きを読む