モンサント国際法廷で判事が法的見解を出す(再掲)

以下の記事は、4月21日に投稿されたものですが、なぜか見れなくなっていましたので、再度投稿し直しました。 4月18日、モンサント国際法廷で判事たちが法的見解を発表しました。 モンサントは、世界の遺伝子組み換え食品の90%を生産する巨大多国籍企業で、遺伝子組み換え種子以外にも、枯れ葉剤や成長ホルモンなどを生産しています。昨年10月、環境NGOなどが提訴して、モンサント国際模擬法廷が開かれ、…

続きを読む

「気候・雇用・正義のための行進」に向けて全米で活動

4月29日、アメリカの首都ワシントンで「気候・雇用・正義のための行進」が行われます。この行進については、この武具でも以前に取り上げましたが(以前の記事はこちらから)、運動の主体である「ピープルズ・クライメート・ムーブメント」のHPでは、29日の行進のコースが公表されています。この行進には、全米各地からバスをチャーターして参加者が集まってくるほか、全米の多くの都市で同趣旨の行進が「シスター・マーチ…

続きを読む

「どないなる?大阪!「都構想」・民営化を考える市民集会」〜どないネットのブログで順次報告

4月26日、どないネット(どないする大阪の未来ネット)の主催で、「どないなる?大阪!「都構想」・民営化を考える市民集会」が開かれました。ATTAC関西は集会の司会を担当しました。 集会には100名の参加があり、2〜3月の大阪市議会・府議会の結果を受けて、さまざまな課題に取り組んでおられる団体・個人から問題提起をしていただくとともに、5月17日に予定されている「住民投票から2年・大阪問題市民大集…

続きを読む