韓国を無視するアメリカ 目を覚ませ〜ネーション誌から

米国「ザ・ネーション」紙の記事をニューヨーク在住の大竹秀子さんが翻訳・公開されています。大竹さんのブログはこちらから。 多くの方に読んでいただきたい内容なので、大竹さんのご厚意により転載させていただきます。なお、英語の原文はこちらから May 9, 2017 北朝鮮の「脅威」、アメリカの圧力をもろともせず、権力を濫用した右派前政権を倒し、民衆を代表する指導者を選んだ韓国の人…

続きを読む

ADB総会にかかわる取り組みの報告

5月4−7日に横浜でアジア開発銀行(ADB)50周年総会が開催されました。 総会では中国主導のAIIBと協力あるいは対抗してアジア諸国に巨額の融資を行うことが話されたようです。 しかし、ADBがこの50年間に融資してきたプロジェクトが実際に何をもたらしてきたのかはあまり知られていません。 アジア各国のNGO団体は次のように指摘しています。「ADBの50年にわたる活動は、人々を居住地か…

続きを読む

国連専門家が人権の危機を警告〜プエルトリコ債務危機

CADTMサイトに掲載されている国連人権高等弁務官事務所の独立専門家Juan Pablo Bohoslavskyの論文を紹介します(抄訳)。このサイトでは「プエルトルコ債務危機:国連専門家が人権を脇に追いやるべきでないと警告」というタイトルが付けられ、「この数年間、プエルトリコは深刻な経済的、財政的、社会的機器に直面してきた。現在、アメリカ合衆国領であるこの島は、約715億ドルの公的債務を返済す…

続きを読む

「グローバリゼーションとインドにおける影響」〜ジャフリさん講演(GJ研究会5月例会)

5月5日、京都・ひとまち交流館で、グローバル・ジャスティス研究会5月例会が開かれました。Focus on the Global Southのアスファー・ジャフリ(Asfar Jafri)さんが「グローバリゼーションとインドにおける影響〜新たな脅威としてのRCEP」と題して、講演しました。ジャフリさんは、横浜で開かれているアジア開発銀行(ADB)第50回総会に対抗するシンポジウムのために来日中です…

続きを読む

プエルトリコの債務危機

プエルトリコは5月3日、公的債務の再編を行うことを明らかにしました。 日本経済新聞によると「債務不履行(デフォルト)を宣言している米自治領プエルトリコが3日、債務再編の手続きに入った。プエルトリコは2015年にすでに債務不履行を宣言し、16年には複数回、利払いをせずデフォルトしている。関係債務額はおよそ730億ドル(約8.2兆円)と、米では最大の自治体の財政破綻となる。」 「プエルトリコは主…

続きを読む