「インドに深刻な打撃を与える通商協定」

5月21〜22日、ハノイでRCEP閣僚会合が開かれました。RCEPに対して、主にインドとフィリピンにおいて反対運動が活発に展開されています。また、RCEPの早期妥結に対して、インド政府は消極的との報道もあります。7月にハイデラバードで開かれる次の会合に向けて、RCEPがインドに与える影響やインド政府の対応などについて論じた論評を掲載します。英語原文はこちらから。 インドに深刻な打撃…

続きを読む

トランプ大統領によるパリ協定離脱について〜グローバル・ジャスティス・ナウ(ATTACイギリス)の論評

グローバル・ジャスティス・ナウ(ATTACイギリス)のサイトに、トランプ大統領によるパリ協定離脱についての論評が掲載されていますので紹介します。 「トランプ、パリ協定、そして多国間協調主義の破綻」(ドロシー・グレース・ゲレーロ) 問題は、トランプがすでに骨抜きにされていた気候合意とプロセスを投げ捨てたことだけにあるのではない。起こったことは、世界秩序の中心人物がその世界秩序を…

続きを読む