"WE ARE STILL IN"〜全米の知事・市長・学長・実業家・投資家が「パリ協定遵守」で国連に公開書簡

朝日新聞(デジタル版)によると「トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」から離脱表明したことを受け、米国の9州や125都市などが共同で5日、連邦政府に代わって米国の温室効果ガス削減の責任を果たすとする声明を国連に提出した。前向きな州の国内総生産(GDP)は全米の3割を超えており、トランプ政権抜きで国際公約を守る動きが広がっている」とのこと。この声明は,"WE ARE STILL …

続きを読む

グローバル・ジャスティス研究会・6月の企画案内〜極右の台頭と新しい左派の挑戦 - ドイツの経験と日本の課題

グローバル・ジャスティス研究会・6月の企画 極右の台頭と新しい左派の挑戦 - ドイツの経験と日本の課題 講演「極右台頭の背景、メルケル政権の強さと弱さ、左派の現状」 木戸衛一さん(大阪大学教員) EUの危機、米国/NATOとロシアの軍事的緊張、中東危機と難民受け入れをめぐる激しい国内対立、既成政党の凋落とポピュリスト政治家や極右勢力の台頭。急激な変化の中で、冷静な分析と…

続きを読む