ナオミ・クライン「地球に対する放火罪」

ナオミ・クラインによるトランプ大統領のパリ協定離脱表明に対する論文を紹介します。 パリ協定の弱点は、アメリカのロビー活動によるものであり、アメリカの利益になるものであること、この間伝えられたパリ協定をめぐるトランプ政権内の「対立」は実は対して違いがなく、どちらの立場でも炭素排出量は同じになること、アメリカが地球に対して犯罪的行為をするなら経済制裁を加える、運動の側からボイコット運動を起こすこと…

続きを読む

連続学習会新シリーズ「財政から読みとく日本社会」第1回レポート・第2回のお知らせ

6月4日、ATTAC関西連続学習会の新シリーズ「財政から読みとく日本社会」第1回がおこなわれました。会員からのレポートに沿って、第1章「財政のレンズを通して社会を透視しよう」について質疑と意見交換しました。 今回のテキスト「財政から読みとく日本社会」(井手英策さん、岩波ジュニア新書)は、「日本ではなぜ教育にお金がかかるのだろう、なぜ働く人への社会保障は少ないのだろう、どうしてこんなに税金がいや…

続きを読む