欧州難民危機の虚像と現実〜クレール・ロディエさん講演要旨

7月9日、同志社大学で、「欧州難民危機の虚像と現実」クレール・ロディエさん講演会が開かれました。主催は、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科で、グローバル・ジャスティス研究会の共催でした。クレール・ロディエさんは、移民のための情報・支援グループ(GISTI)で活動するフランスの法律家です。 まず、グローバル・スタディーズ研究科の菊池さんが「2015年、大量の難民が、中東の内戦・混…

続きを読む