スリランカのタミル人へのジェノサイドの真実の究明を

スリランカ内戦(1983年~2009年)では政府軍と「タミル・イーラム解放のトラ」 (LTTE)の間の抗争の中で、兵士・戦闘員だけでなく多くの民間人が犠牲になりました。 日本も関わった和平プロセスが失敗した後、06年以降の政府軍の攻勢の中で、戦闘が行われた東部と北部においてタミル人への集団殺戮が繰り返されたことが明らかになっています。 内戦はLTTEの壊滅によって終結しましたが、…

続きを読む

定例学習会「脱成長の時代の人間の働き方と幸福~生物の遺伝・進化の視点から」レポート

ATTAC関西の連続学習会は、新しいシリーズを始めています。テーマは、「脱成長の時代の人間の働き方と幸福~生物の遺伝・進化の視点から」です。今までとは少し違う切り口から、社会や経済を考えていく学習会です。 1回目となる4月1日の学習会では、アリの社会についての研究が紹介され、生物の増殖には環境による制限が加わることから、人間の経済活動も無限に拡大をつづけていくことはできないことが説明されま…

続きを読む