ブラジル大統領選挙でのボルソナロ当選に関する英国の社会運動団体の声明

ブラジル大統領に極右のボルソナロが当選したことについて、英国のグローバル・ジャスティス・ナウ(ATTAC UK)が呼びかけた声明を紹介します。ATTACヨーロッパ・ネットワークも賛同しています。 英語原文は、以下のサイトで読めます。 https://www.globaljustice.org.uk/news/2018/oct/28/nothim-not-now-not-ever-stat…

続きを読む

スリランカのタミルの人々の民族的権利〜スリランカ人権活動家のジュードさんによる報告(10/24)

10月24日、スリランカの人権活動家ジュード・ラル・フェルナンドさんとの交流会・講演会が開かれました。 ジュードさんが交流会で話された「スリランカのタミルの人々の民族的権利」について、用紙を掲載します。なお、文責はATTAC関西にあります。 今朝まで、韓国で開かれたセミナーに参加してきた。3日間缶詰めで、朝早くから夜遅くまで討論してきた。今朝も4時まで、済州の平和活動家と…

続きを読む

ブラジル・モザンビークの農村活動家との交流(11月23-25日、京都)

11月に来日予定のブラジル・モザンビークの農村活動家との交流がおこなわれます。11月23日から25日にかけて、京都で予定されています。以下、その案内です。 日本の農業政策と海外への農業開発支援を問うブラジルとモザンビークからの証言 11月24日(土) 午後1-4時 京都大学農学部総合館内(予定) 報告① 日本からの報告:どうなる日本の農業? これからの日本と世界の農業を…

続きを読む

パレスチナ問題連続学習会・会場変更のお知らせ

第2回(10月6日)では、「ジェンタイル・シオニズム」(非ユダヤ人によるシオニズム)というテーマで、シオニズムの起源、背景を詳しく学習しました。 パレスチナ問題があたかも宗教問題であるかのように語られていますが、ユダヤ教とイスラム教が歴史的に対立してきたわけではなく、ヨーロッパにおける宗教改革の後に、キリスト教(主にプロテスタント系)の中から、異教徒であるユダヤ人をパレスチナへ移住させる議…

続きを読む

日米「TAG」交渉は2国間「FTA」そのものである

9月26日、トランプ大統領と安倍首相との首脳会談後に発表された日米共同声明について、安倍首相は「物品貿易協定(TAG)の交渉開始を確認したもので、包括的な自由貿易協定(FTA)とは異なる」と言っています。しかし、この共同声明には「TAG」という文言は入っていないではないか、という指摘が出ています。 その点について、農業協同組合新聞(JACom)が、英語原文と日本外務省による訳、在日アメリカ…

続きを読む