世界の終わりと月末の貧窮、民衆は敵?ー「黄色いベスト運動」その5

飛幡祐規さんの「パリの窓から」が更新されました。 飛幡さんのコメントです。「『黄色いベスト』運動は続いています。マクロン政権の対応は、前回よりさらに悪化しました。長く住んだフランスで、これほど無能で政治と民主主義を理解していない為政者は初めて。一方、気候変動・環境破壊に対して本気でちゃんと政策を取れ、と若者たちが動き始めました。黄色いベストたちもしぶとく、士気を失ってはいません。」 …

続きを読む