エクアドルで政府の緊縮政策に反対する闘いが進行中

エクアドルで、モレノ政権が強行しようとしている緊縮政策に反対する行動が拡がっています。 朝日新聞の報道によれば、闘いのきっかけは「モレノ大統領が発表した財政再建のための緊縮策」にある。「燃料費の補助をカットし、30万世帯が受けていた月15ドルの補助金を取りやめるなどの内容が含まれていたことから、補助金を受けていた人たちは反発。軽油やガソリンの値段も急騰し、大規模な暴動に発展した。政権は非常…

続きを読む