グローバル気候マーチ(大阪)

11月29日、グローバル気候マーチが日本各地で行われました。関西でも、京都・大阪・神戸で、若者たちを中心に「気候変動NO!」を訴えました。 大阪会場の中之島・中央公会堂前には、大学生など若者を先頭に約150人が集まりました。17時からのマーチでは、西梅田公園まで、沿道の人々に「減らそう減らそうCO2」などを訴えて歩きました。

続きを読む

気候のための社会サミット・マドリードへの参加呼びかけ

12月2日~13日、COP25がスペイン・マドリードで開催されます。COP25の開催期間中に、スペインとヨーロッパの社会運動は、対抗フォーラムとして「気候のための社会サミット・マドリード」を準備しています。ATTACスペイン・ドイツ・フランスも呼びかけ団体に名を連ねています。このフォーラムへの呼びかけを日本語訳して掲載します。訳文の文責はATTAC関西にあります。 フォーラムのサイト h…

続きを読む

明日、グローバル気候マーチです

明日(11/29)にグローバル気候マーチがおこなわれます。大阪での取り組みは以下の通りです。 日時:11月29日(金)16時30分〜集会、17時からマーチ(西梅田公園まで) 場所:大阪・淀屋橋 中央公会堂前広場

続きを読む

COP25を前に、地球温暖化を警告するレポートが続々と公表

COP25(気候変動に関する国際連合枠組条約第25回締約国会議)が、12月2日~13日、スペイン・マドリードで開催されます。このCOP25に向けて、地球温暖化に関するさまざまなデータが公表されています。 気象庁のHPによれば、11月25日、世界気象機関は温室効果ガス年報第15号を公表し、大気中の主要な温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素)の増加が続いており、2018年の世界平均濃…

続きを読む

アマゾン大火災はなぜ起こったのか~印鑰智哉さんのお話し(要旨)

11月26日にグローバル・ジャスティス研究会の11月企画として、印鑰智哉さんのお話しがありました。以下は、その要旨です。文責はATTAC関西にあります。 アマゾン大火災はなぜ起こったのか〜多国籍企業による環境破壊と私たちの食と農 印鑰智哉・日本の種子(たね)を守る会アドバイザー アマゾンの大半はブラジルが占めるが、実際には南米9カ国に広がっており、パラグアイ、ボリビア、アルゼンチン…

続きを読む