COP25に対する対抗アクションはじまる

12月2日から始まったCOP25に対して、開催地のスペイン・マドリードでは、さまざまな対抗アクションがすでに始まっています。 2日朝には、「会場入り口にて、南米の先住民族を中心に、チリ政権による市民社会への弾圧に反対する声をあげるアクションが開催されました。冷たい空気の中、15人ほどが眼帯をかけ、チリでたたかう市民への連帯を示し、気候危機の根本には不正義や、市民の声を封じるような政権の存在…

続きを読む