神戸石炭訴訟・民事第6回期日のレポート(1/28)

1月28日、神戸石炭訴訟の民事訴訟第6回口頭弁論がおこなわれました。神戸地裁101号法廷には、初めて傍聴したという方々も含めて、傍聴席をほぼ満席にする原告や支援者で埋まりました。 口頭弁論の中では、原告準備書面(9)について、原告代理人が要約して説明。 まず浅岡弁護士が、「被告は、原告らが法的保護に値する権利を持っていないと主張しているが、気候変動による影響は、人の生命・健康などへの…

続きを読む

スイス・ローザンヌで気候デモ

1月17日、スイスのローザンヌで、数千人が参加して気候デモが行われました。これは、来週(21日〜24日)にスイスのダボスで開かれる世界経済フォーラム(ダボス会議)に向けて、有効な気候対策を行わない「指導者」に抗議し、クライメート・ジャスティスを求める行動の一つとして行われたものです。 参加者たちは、「システムを変えよう!気候を変えるな!」というバナーを先頭に、「1℃、2℃、3℃!そ…

続きを読む

エクアドル・インタグ地方鉱山開発対象地を巡って

昨年9月にエクアドル現地に行かれた一井リツ子さんのレポートを紹介します。日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(RECOM)の機関誌「そんりさ」171号に掲載予定のものです。 エクアドル・インタグ地方鉱山開発対象地を巡って 一井リツ子 エクアドル現地視察 近年、前コレア政権から開発主義が急加速する南米エクアドル、その北西部に位置するアンデスの裾野インタグ地方でも土地面積の約80%…

続きを読む