神戸石炭訴訟行政訴訟(第6回)傍聴記

2月17日、大阪地裁において、神戸石炭訴訟行政訴訟の第6回口頭弁論がおこなわれました。 まず、14時からはじまった口頭弁論では、双方の提出書類の確認の後、原告代理人の池田弁護士から原告準備書面(6)のポイントについて説明がありました。まず裁量権の問題について、「行政処分の裁量は広い範囲にわたることは認めざるを得ないが、人権侵害のおそれがある場合、国民の健康に差し迫った危険が及ぶ場合には裁量…

続きを読む