スリランカ・タミール「ムリバイカル記憶の日」〜京都で学習会とスタンディング

「ムリバイカル記憶の日」を前にして、京都でミニ学習会とスタンディングがおこなわれました。 ミニ学習会のレジュメを紹介します。 ムリバイカル記憶の日_2020_5_17ミニ学習会資料.pdf このとりくみに、ジュードさんからメッセージが寄せられました。ジュードさんについては、当ブログの以下の記事をご覧ください。 http://attackansai.seesaa.net/a…

続きを読む

世界300名以上の議員が貧困国の債務帳消しを要請

5月13日、バーニー・サンダースをはじめとする世界300名以上の議員が、IDA(国際開発協会ー貧国国が加盟)の国際金融機関への債務を帳消しするよう要求する書簡を提出しました。以下は、Common Dreamsというオンライン紙の記事の翻訳です。翻訳されたのは、アイルランド在住のATTAC会員、大倉純子さんです。日本の議員は誰も署名していません。 https://www.commondreams…

続きを読む

バングラデシュに対する新型コロナウイルスの影響

グローバル・ジャスティス・ナウ(ATTACイギリス)のサイトに掲載されたインタビュー「バングラデシュに対する新型コロナウイルスの影響」を紹介します。なお、日本語訳の文責はATTAC関西グループにあります。 https://www.globaljustice.org.uk/blog/2020/may/5/impact-covid-19-bangladesh バングラデシュに対する新…

続きを読む

第3回ウェビナー「気候変動、生物多様性、人間と自然の関係、すべてを変えなければならない!」報告

ウェビナー「What world after the pandemic (パンデミック後の世界)」 第3回(5月14日、午後10-11時[日本時間]) 「気候変動、生物多様性、人間と自然の関係、すべてを変えなければならない!」 発言 パブロ・ソロンさん(ボリビア、ソロン財団、元ボリビア国連大使、男性) リディー・ナクピルさん(フィリピン、債務と開発に関するアジア民衆運動[APMDD…

続きを読む

飛幡祐規さんブログ「パリの窓から」〜監禁日誌11 マクロナウイルス、いつ終わるの?

飛幡祐規さんブログ「パリの窓から」〜監禁日誌が更新されました。これが監禁日誌としては最後の更新だそうです。 http://www.labornetjp.org/news/2020/pari69 以下、飛幡さんのコメントです。 フランスのロックダウン日誌の続きです。5月11日(月)からロックダウンは解除になり、パリなど赤ゾーン(ウイルスがまだ出回っている)でもレストラン、カフェ以外は…

続きを読む