ATTAC関西・南スーダン問題学習会のご案内

ATTAC関西グループでは、南スーダン問題の学習会を企画しました。京都でのグローバルジャスティス研究会の前日、8月30日に予定しています。大阪、兵庫の皆さんは是非、こちらの学習会にご参加ください。講師は、同じ茂住さんです。

8_30

ATTAC関西 南スーダン問題学習会

「南スーダンの紛争 自衛隊は何のために派遣されたのか?」

自衛隊がPKOに参加している南スーダンで、停戦が破られ、戦闘が再開しています。

日本政府は「PKO参加5原則は崩れて」いないとして、自衛隊の駐留を継続すると明言していますが、戦闘は自衛隊の活動地域にも近づいています。

また、現地の日本人の国外退去のために陸上自衛隊、航空自衛隊が出動しようとしています。

紛争の歴史的経過や社会経済的背景を知ることを通じて、武力以外の方法で平和を実現できないのか。いっしょに考えたいと思います。 

8月30日(火) 午後6時半、エルおおさか南館71(京阪/地下鉄谷町線・天満橋から徒歩7分)

お話:「南スーダンの紛争の背景と解決への道」茂住 衛さん(アフリカ日本協議会)

資料代:500円

この記事へのコメント