集会案内〜トランプ登場で東アジアはどうなる?TPPの頓挫、新自由主義の破綻の始まり

1月21日、ストップ!TPP緊急行動・関西の主催で、「トランプ登場で東アジアはどうなる?TPPの頓挫、新自由主義の破綻の始まり」をテーマに集会が開かれます。

以下,集会の案内です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 トランプ大統領が1月20日就任します(日本時間1月21日)。

TPPの頓挫が指摘される中、日本政府は国会批准を強行してしまいました。

TPPが目指してきた農業や医療、公共サービスなどの全分野にわたる「改革」、規制緩和は、TPPがどうなるかに関わりなく、安倍政権のもと進められようとしています。

一方、TPPの代わりとして、今後交渉が本格化するRCEPは、一体どんなものなのでしょうか?米日FTA\b0協定締結の可能性もあり、課題はますます増すばかりです。これからどういった貿易協定が望ましいのか。

世界中で「新自由主義、行き過ぎたグローバル化へのNO!」の声は高まるばかりです。

トランプ当選後の東アジアの政治・経済の展望、民衆の間の連携の可能性と課題\b0についての学習会を、特別ゲストをお招きして、開催します。

これからの目指すべき方向を、私たちと一緒に考えませんか。

日時:1月21日(土)18時30分〜20時40分

会場:エルおおさか709号室

 ■スケジュール(予定)

◇基調講演「トランプ当選後の東アジアはどうなる?」ウォルデン・ベロさん

◇「過去、頓挫した大型協定『多国間投資協定(MAI)』」佐久間智子さん

◇パネルディスカッション

特別ゲスト:ウォルデン・ベロさん、佐久間智子さん

進行:武田かおりさん(NPO法人AMネット事務局長)

121tpp

この記事へのコメント