パイプライン建設再開へ大統領令に署名

1月24日付の記事で紹介したスタンディング・ロックにおけるパイプライン建設反対運動について、新たな動きが見られました。トランプ大統領が、パイプライン建設再開を認める大統領令に署名したのです。

AFP配信のニュースによれば、カナダ産オイルサンドから抽出した原油をメキシコ湾に面した米国の製油所に運ぶ「キーストーンXLパイプライン」とノースダコタ州を通る「ダコタ・アクセス・パイプライン」の2本について、大統領令が出されました。トランプ大統領は、「建設許可を出すか否かは条件をめぐる再交渉の結果次第だと言明している」とのこと。

この記事へのコメント