グローバル・ジャスティス研究会(京都)の4月と5月のイベントの案内

グローバル・ジャスティス研究会(京都)の4月と5月のイベントの案内です。

+++
グローバル・ジャスティス研究会・4月の企画
韓国民衆はどのようにして大統領を追い詰めたのか?

4月26日(水) 午後6時半(6時開場)
☆報告☆
「韓国の民主運動の今 ? 東アジアの平和のための課題」
崔誠一さん 在日韓国民主統一連合(韓統連)大阪本部・事務局長

韓国では朴槿恵大統領の辞任を求める民衆の闘いを背景に、ついに大統領の弾劾・罷免が実現しました。この勝利を共に喜ぶとともに、韓国民衆の闘いから学び、東アジアの平和に向けて日本における運動の課題、特に在日韓国・朝鮮人の人々との共生についても、いっしょに考えたいと思います。ぜひご参加ください。


ひとまち交流館 京都第5会議室(京阪清水五条駅下車)
参加費:資料代として500円(割引希望の方は受付でお申し出ください)

+++
グローバル・ジャスティス研究会・5月の企画

インドから見た新自由主義的グローバル化

5月5日(金) 午後2時
☆報告☆
「開発・投資は南アジアをどう変えてきたのか?」
アフサール・ジャフリさん(「フォーカス・オン・ザ・グローバルサウス -インド)

$B%0%m!<%P%k!&%8%c%9%F%#%98&5f2q!9n(B$B$N4k2h(B.jpg

5月4日から横浜で第50回アジア開発銀行(ADB)年次総会が開催されます。また、TPPの頓挫の後、注目が集まっているRCEP(東アジア地域包括的経済連携)の会合が3月神戸に続き、5月上旬にフィリピン・マニラで開催されます。

アジアにおける「開発援助」、金融機関の活動、通商協定が人々の生活、人権、環境に何をもたらしてきたのか、これからのアジア、人々の間の関係をどのように構想するのか、インドのNGO活動家をお迎えして、いっしょに考えます。

ひとまち交流館 京都第1・2会議室(京阪清水五条駅下車)
参加費:資料代として700円(割引希望の方は受付でお申し出ください)

+++
グローバル・ジャスティス研究会は、公正な世界の実現に関わるさまざまなテーマについて話し合うスペースとして16年1月からスタートしました。最近取り上げたテーマ:[17年]㈰気候変動・パリ協定と日本の課題(1月) ㈪「アメリカ、ヨーロッパ、日本での極右の台頭 ? 世界は分断・差別・憎悪・不寛容に突き進むのか?」(2月)。㈫なぜ今、ベーシックインカムか Part 2(3月)、㈬韓国民衆はどのようにして大統領を追い詰めたのか?」(4月)通常は月1回、どなたでも参加できます。
会員募集中(会費は半年500円、1年1000円)。問い合わせは070−5650−3468(内富)まで

この記事へのコメント