リニア工事で県道に土砂崩れ

リニア新幹線工事をめぐる談合事件が報道されている中、12月15日、長野県中川村で斜面が崩れて直下の県道に土砂が流入する事態が起き、JR東海がリニアのためのトンネル工事で「発破などによる振動が繰り返し作用したことで、トンネル直上の地山が緩み、土砂流入に至った」と認めました。以下は、NHK信州WEBからの引用です。

IP171215TAN000170000.jpg
15日未明、長野県南部の中川村の県道で道路脇の斜面の土砂が高さ20メートル、幅10メートルにわたって崩れました。現場のすぐ下ではリニア中央新幹線に関わるトンネルの掘削工事が行われていたということで、JR東海や長野県の建設事務所が原因を詳しく調べることにしています。

長野県の飯田建設事務所によりますと、15日午前3時半ごろ、中川村の県道で、道路沿いの斜面が高さおよそ20メートル、幅およそ10メートルにわたって崩れ、土砂が道路に流れ込みました。このあと、乗用車1台が道路をふさいでいた土砂にぶつかる事故がありましたが、けが人はいないということです。この土砂崩れで県道の3.4キロの区間が通行止めとなっていて、建設事務所が土砂の除去作業を進めています。

15日夜、飯田市で記者会見したJR東海の担当者は、15日は土砂が崩れた場所の15メートルほど下で、リニア中央新幹線の工事用車両が通行するためのトンネルの掘削工事を行っていたことを明らかにしました。現場では、土砂崩れが起きる直前まで爆薬を使った発破作業を行っていたということで、担当者は「土砂崩れと工事の因果関係は調査中だが、いち早く復旧し、住民の皆さまの理解を得たい」と述べました。JR東海や長野県の建設事務所などは、土砂崩れ現場の調査を行うなど引き続き詳しい原因を調べることにしています。
IP171215MAC000090000.jpg

この記事へのコメント