ここまで来ている日本の軍産複合体〜3.3杉原浩司さん講演会

武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)の杉原浩司さんをお招きして、大阪(3月3日)と京都(同4日)で講演会を開催します。

武器輸出反対ネットワーク(Network Against Japan Arms Trade【NAJAT】)は「日本を“死の商人”にさせない。武器輸出三原則の復活を」という趣旨で、武器輸出に反対する市民・NGO・学者・アーティストなどで結成されたネットワークです。この機会に関西でも、この問題への関心と取り組みを広げていきたいと思います。ぜひご参加ください。

以下は大阪の講演会のご案内です。京都での講演会については下記連絡先にお問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで来ている日本の軍産複合体 敵基地攻撃兵器の導入? 「ミサイル防衛」? 本当に戦争する気?
3・3武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)代表杉原浩司さん講演会

2018年度の防衛予算(案)は5兆1911億円! 6年連続増で過去最高を更新しようとしています。

予算案には敵基地攻撃兵器の導入費が盛り込まれました。これは憲法9条の理念にも、「専守防衛」の考え方にも反しています。その先には空母や電子攻撃機の保有・・・歯止めがありません。グアムやハワイに向けたミサイルの迎撃を主目的とする「イージス・アショア」(1基で1000億円以上を2基)の導入も大問題です。私たちの安全に役立たないだけでなく、相手国からの核攻撃の第一級の標的となります。

歯止めのない軍拡をどうすれば止められるのか? 北東アジアを軍産複合体のくびきから解き放ち、持続可能な平和をつくり出すために何ができるのか? 一緒に考えたいと思います。

3月3日(土)午後6時半〜
エルおおさか 504(京阪/地下鉄谷町線・天満橋下車、徒歩5−7分)
参加カンパ:800円
主催:3・3杉原浩司さん講演会実行委員会
賛同:関西共同行動、緑の大阪、パレスチナの平和を考える会、ATTAC関西グループ(2月15日現在)、賛同受付中です
(連絡先:090—4280—3952喜多幡)

この記事へのコメント