欧州司法裁判所がISDS条項はEU法に違反すると判断

グローバルジャスティスナウ(ATTACイギリス)のFBによれば、欧州司法裁判所がISDS条項はEU法に違反すると判断したとのことです。

これは、健康保険市場自由化をめぐるAchema社(オランダ企業)とスロバキア政府の間の係争にかかわるものです。
Achema社は06年にスロバキアの医療保険市場に進出しましたが、この時期に同国の新しい政権が医療保険事業の自由化を見直し、規制を再導入しました。Achema社は、オランダ・スロバキア投資協定に基づきスロバキア政府を紛争処理機関に提訴し、紛争処理機関はスロバキア政府に2200万ユーロの賠償金支払いを命令したのです。
この後、Achema社はドイツの裁判所に対して、スロバキア政府にこの賠償金の支払いを強制するための裁判を起こしました。ドイツの連邦裁判所は、欧州司法裁判所に、この手続きがEU法に適合しているか否かの判断を求めていました。
欧州司法裁判所は、この紛争処理機関がEUの法律に基づいておらず、EU法と相容れないとの判断を下したものです。これは同種の200件余りの係争にも影響を及ぼし、また、現在交渉中の通商協定にも影響を及ぼすことになります。ISDS条項の廃止に向けた歴史的一歩となる可能性があります。

http://www.globaljustice.org.uk/blog/2018/mar/6/corporate-courts-thrown-out-europe-now-britain-must-follow-lead (英語)

この記事へのコメント