パレスチナ問題連続学習会の第2回は10月13日です

ATTAC関西グループからのお知らせです。

9月29日のパレスチナ問題連続学習会の第1回は台風接近が心配でしたが、無事終了しました。

IMG_2006.jpg

パレスチナ問題について、その起源がユダヤ教やユダヤ人とイスラム教の宗教紛争や民族紛争ではなく、ヨーロッパのキリスト教の中から生まれてきたシオニズムと、それを中東の植民地支配に活用しようとした帝国の思惑にあること、ユダヤ教の本来の教義には(人間の意志で)イスラエルの地に帰還してユダヤ人国家を建設するという考え方はないこと、当初は、当時ヨーロッパに離散していたユダヤ人の間でもシオニズムの考え方は受け入れられなかったこと、など連続学習会の各回のポイントとなる点を概括的に話していただきました。

IMG_2005.jpg

「難しかった」という感想が圧倒的でしたが、第2回以降、各回のテーマに沿って、詳しく説明されるので、ご安心ください。

第二回以降の参加申し込みが予定していた部屋の定員を超えたので、少し大きい部屋に変更します。
多少余裕がありますので、まだ申し込まれてない方もOKです。

IMG_2004.jpg

パレスチナ問題連続学習会(第2回)
日時:10月13日(土)午後6時半~8時半
場所:エルおおさか(京阪/地下鉄谷町線 天満橋下車徒歩5-7分)研修室3(定員27人)
講師:役重善洋さん(パレスチナの平和を考える会)


第1回 9月29日(土) <終了>「米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味」
第2回 10月13日(土) 「ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家」
第3回 10月27日(土) 「中東和平とオスロ合意」
第4回 11月17日(土) 「“反ユダヤ主義”をめぐる議論」
第5回 11月24日(土) 「日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題」
時間: 午後6時半~8時半
場所: エルおおさか(京阪/地下鉄谷町線 天満橋下車徒歩5-7分)

参加費:毎回1000円(割引希望の方は応相談)
☆第1回に参加された方は第2回以降各800円です、

主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会
賛同団体(50音順):ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会

申し込みおよび問い合わせは、
ATTAC関西グループ(090-4280-3952 喜多幡)
または
パレスチナの平和を考える会 palestine.forum@gmail.com
まで

この記事へのコメント