「STOP!カジノ大阪」出発集会

2月21日に開かれる「STOP!カジノ大阪」の出発集会の案内です。

2・21カジノ出発集会チラシ.pdf(仮称削除).jpg

「カジノ」入り「万博」!

2025年大阪万博が決まりましたが、万博の陰で誘致が進んでいるのが、「カジノ」という「ギヤンブル場」です。人工島「夢洲」で万博会場と「カジノ」を併設する計画です。しかも、カジノは万博の前年(2024年)開設計画です。

「カジノ」で儲けるのは外国業者!

大阪カジノには、米国や香港、シンガポールなどのカジノ業者が進出を狙っています。集客予測では、外国人30%、日本人70%と想定しています。犠牲者は日本人となり、本来は大阪で消費されるはずの「お金」がカジノに流れ、大阪経済にとってもマイナスです。

人工島「夢洲」は危険!

「万博」「カジノ・IR」の予定地「夢洲」は、環境問題・防災問題・開発に要する莫大な費用問題、など多くの問題が指摘されています。南海トラフや大阪湾プレートの危険性が言われるとき、「夢洲」での万博、IR・カジノ誘致は最悪の選択だと思います。ここに数千億円の資金投入は無謀であり府・市民負担も増えます。再考が必要です。

出発集会呼びかけ人 (共同代表予定者)
 中野雅司(大阪を知り・考える市民の会)  
 薬師院仁志(帝塚山学院大学教授)
 服部良一(元衆議院議員)    
  (他に複数の方と折衝中です) 
       
連絡事務局  
どないする大阪の未来ネット 090-3270-8244 馬場
(大阪市北区天満1-6-8 六甲天満ビル 2階 ユニオンネット気付)


日時:2月21日(木)18時30分開始
会場:エルおおさか 南館 1023号室(130名)
講演:「カジノは最悪のギャンブル」西澤信善さん(神戸大学名誉教授)
   *韓国「江原ランド」(カジノ)の写真による説明
   *「STOP!カジノ大阪」の役員紹介と活動方針の提案 など
参加費  資料代として 500円

この記事へのコメント