緊迫するベネズエラ情勢—いま何が起こっているのかー討論の集い(2/24)

ベネズエラ情勢についての集まりが緊急に呼びかけられています。報告者の一井さんが主宰するブログ『ラテンアメリカの政治経済』では、ベネズエラ情勢について、現地のメディアから翻訳されたレポートが連日アップされていますので、ぜひアクセスしてみてください。

ブログ『ラテンアメリカの政治経済』
https://ameblo.jp/guevaristajapones/entrylist.html

ベネズエラ.jpg

すでに連日の報道でご存知のように、ベネズエラの情勢が緊迫しています。

ベネズエラはこの数年間の間に、政治的・経済的・社会的に未曾有の危機を深めてきましたが、トランプ政権は発足以来経済制裁を強め、ベネズエラの右派、コロンビア、ブラジルなどの周辺諸国と連携のうえ、昨年末に「市民クーデター」のシナリオを拵え上げました。トランプは軍事介入の示唆も行い、この地域で中東で見てきた、石油をめぐる介入が繰り返される可能性が強まっています。これはベネズエラの民衆にとって最悪の事態を招くでしょう。

米国の軍事介入に反対し、ベネズエラ民衆の主権のもと、対話による平和的な解決が求められています。

以下の通り、現在の情勢、その影響をどう見るかについての討論の集まりを開催します。

名称:緊迫するベネズエラ情勢—いま何が起こっているのかー
日時:2月24日(日)午後2時
場所:教育文化センター(神宮丸太町)
報告:一井不二夫(ブログ『ラテンアメリカの政治経済』)
参加費:500円
主催:ブログ『ラテンアメリカの政治経済』

この記事へのコメント