ベネズエラへの介入をやめよ!大阪の米国総領事館への抗議行動

3月5日、大阪のアメリカ総領事館前で、ベネズエラへの介入に抗議する行動が持たれました。以下、その様子と抗議文を伝えるATTAC会員のfacebookからの転載です。

ベネズエラへの介入をやめよ!大阪の米国総領事館への抗議行動

午後と夜、それぞれ約10人でトランプ大統領への抗議文を提出しようとしましたが、領事館側は受け取りを拒否。

軍事介入の危険は続いています。国際的な介入反対の行動と連帯して日本からも声を上げよう!

53121351_10210719460942433_1635448319964610560_o.jpg

ドナルド・トランプ大統領あての抗議文

私たち、日本の平和を愛する市民は、ベネズエラの合法的な政府に対する米国政府の攻撃的な態度を憂慮しています。私たちはこれまで米国が中南米の民主的で進歩的な政府と人々に対して繰り返してきた犯罪を忘れていません。また、中東の一連の国々における米国の介入の破滅的な失敗を依然として目撃し続けています。これら作戦はすべて、「人権の保護」や「民主主義の擁護」の名のもとに称揚されてきました。私たちはこのような偽善にはうんざりしています。

米国内でも進歩的な人々がその共同声明の中で憂慮しているように、「トランプ政権と米大陸におけるその同盟国による一連の行動は、ベネズエラの状況をさらに悪化させ、人々に不必要な苦しみ、暴力、そして不安定をもたらしています。ベネズエラにおける政治の両極化は新しいことではありません。この国は長年にわたり人種や社会経済的な階層に沿って分裂してきました。しかし、近年、この両極化がさらに深まっており、その原因の1つは選挙以外の手段でニコラス・マドゥロ政権を打倒することを目的とした野党の戦略に対する米国の支持にあります。野党はこの戦略をめぐって分裂していますが、米国政府は暴力的なデモや、軍事クーデター、またはその他の選挙以外の手段を通じてマドゥロ政権を打倒しようとする強硬派を支持しています…」。

米国政府による制裁はベネズエラ政府が景気後退から脱出するための手段を遮断し、命を救う薬が手に入らないために多くの人々を死に至らしめるかも知れない状況を引き起こしています。その一方で米国や他の政府は、米国の制裁措置がその一因であるにもかかわらず、経済的危機についてベネズエラ政府だけを非難しています。

米国とその同盟国は、暴力的で違法な政権交代を唆すことによって暴力を助長することをやめるべきです。唯一の解決策は交渉による解決です。それは過去にラテンアメリカのいくつかの国で、政治的に両極化した社会が選挙によって対立を解決できなかったときに行われた方法です。
ベネズエラの人々、この地域、そして国家の主権の原則の利益のために、国際社会はベネズエラ政府と反政府勢力の間での、ベネズエラがその政治的経済的危機の克服に到ることを可能にするための交渉を支援するべきです。

2019年3月5日
「米国のベネズエラへの介入反対」緊急行動参加者一同


Stop Intervention in Venezuela

March 5, 2019

President Donald Trump,

We, peace-loving Japanese citizens, are concerned with the United States government’s aggressive attitude toward the legitimate government of Venezuela. We don’t forget repeated crimes the United States committed against the democratic and progressive governments and people in Central and South America. In addition, we are still witnessing the catastrophic failure of the United States’ intervention in a series of countries in Middle East. All of these operations have been propped up in the name of “protection of human rights” and “defense of democracy”. We are fed up with this kind of hypocrisy.

As progressive people in your own country also worry in ther joint statement, “Actions by the Trump administration and its allies in the hemisphere are almost certain to make the situation in Venezuela worse, leading to unnecessary human suffering, violence, and instability….Venezuela’s political polarization is not new; the country has long been divided along racial and socioeconomic lines. But the polarization has deepened in recent years. This is partly due to US support for an opposition strategy aimed at removing the government of Nicolás Maduro through extra-electoral means. While the opposition has been divided on this strategy, US support has backed hardline opposition sectors in their goal of ousting the Maduro government through often violent protests, a military coup d’etat, or other avenues that sidestep the ballot box….

The sanctions by the U.S. government have cut off the means by which the Venezuelan government could escape from its economic recession and causing many people to die because they can’t get access to life-saving medicines. Meanwhile, the US and other governments continue to blame the Venezuelan government ― solely ― for the economic damage, even that caused by the US sanctions.

The US and its allies must cease encouraging violence by pushing for violent, extralegal regime change. The only solution is a negotiated settlement, as has happened in the past in Latin American countries when politically polarized societies were unable to resolve their differences through elections.

For the sake of the Venezuelan people, the region, and for the principle of national sovereignty, the international society should support negotiations between the Venezuelan government and its opponents that will allow the country to finally emerge from its political and economic crisis.

この記事へのコメント