G20大阪NO!アクションウィークへのパブロ・ソロンさん、ウォーデン・ベローさんのメッセージ

ボリビアから:私たちはG20がしたくないことをする必要がある
パブロ・ソロンさん(元ボリビア国連大使)

RS=%5EADBsWfGlAVS9gT1tc9jhPwID6C18VY-;_ylt=A2RinF4G0hFdtUEA1wCU3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD;_ylc=X3IDMgRmc3QDMQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVFpVTXp0R3pHYUktZDJJS3hLOEdZcmhMWEZYcnM3dUNRN0VET0dNQ3c1TS1GNU9CVFhCWVBiY01BBHAD.jpg

日本のみなさん

私たちはG20についての不快な真実を暴露するために集まったすべての人々に連帯を表明します。G20は毎年集まって資本主義の金融システムを救済する方法を議論していますが、その間にも人類と自然は生命の第6絶滅期に直面しています。

2008年の金融危機から10年以上が経過しましたが、金融の大量破壊兵器であるデリバティブは禁止されていません。これはG20が私たちの生活を賭け金にしてギャンブルに興じている銀行や金融投資家の利益に逆らおうとしないからです。

G20サミットは、有限の惑星で無限の成長を追求し続けています。成長は資本にとっては不可欠ですが、地球システムには必要ありません。私たちが必要としているのは彼らが語るまやかしの「調和」ではなく、私たちの地球コミュニティのバランスを回復するための本当の道筋です。均衡を取り戻すためには、私たちが自然の一部であり、経済が自然を超えることはできないことを認識する必要があります。私たちはG20がしたくないことをする必要があります。私たちは次の10年の間に化石燃料の採掘をやめる必要があります。私たちは資源採掘主義、生産力主義、そして自然の商品化を克服しなければなりません。私たちは植民地主義的資本主義システムの犠牲者であり、今は気候変動の犠牲者である移住者との連帯を表明する必要があります。私たちはさまざまなレベルで再生産されている家父長主義を解体することによって、ジェンダー間の平等を模索しなければなりません。そして何よりも私たちは私たちの民主主義を取り戻す必要があります。私たちの民主主義は、飢餓や失業や干ばつに痛みを感じることなくサミット会合を繰り返している20人の首脳たちによって捉われています。

ボリビアからの私たちの連帯を受け取ってください。

ーーーーーーーーーーー

G 20は世界を新たな金融危機にさらしている責任を問われなければならない
ウォルデン・ベローさん(フォーカス・オン・ザ・グローバル・サウス理事会共同議長、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校客員教授(社会学))

RS=%5EADB.uCFv7YXLXr9GKO5quGR_U.jpg

10年前、ピッツバーグで開催されたG 20サミットでG20諸国の政府は新たな金融危機を防止するためにグローバル金融システムの大胆な改革を実施することを約束しました。G 20が約束を守れなかったため、今日、世界は次の金融危機に向かって滑走しています。グローバル金融システムのいかなる改革も実現されていません。

第一に、「大きすぎて潰せない」という問題が悪化しています。2008年に大銀行は「大きすぎて潰せない」という理由で米国政府によって救済されましたが、いまではさらに大きくなり、ますます潰せなくなっています。米国の6大銀行、つまりJPモルガンチェース、シティーグループ、ウェルズファーゴ、バンクオブアメリカ、ゴールドマンサックス、モーガンスタンレーの合計では、預金額が43%増、資産額が84%増となり、保有する現金は2008年の危機以前の3倍に達しています。リスクは2008年に銀行システムを崩壊させた時の2倍になっています。

第二に、2008年の危機を引き起こした金融商品はまだ取引されています。これには約6兆7千億ドルの住宅ローン担保証券が含まれていますが、その価値が維持されているのは連邦準備制度理事会が1兆7千億ドル分を購入したからにすぎません。米国の銀行は総計で157兆ドルのデリバティブを保有しており、これは世界のGDPの約2倍です。これは2008年の危機が始まった時に保有していた金額を12%上回っています。

第三に、金融界の新たなスターたち、そしてヘッジファンド、投資ファンド、政府系投資ファンド、年金基金、その他の投資家のエリートたちから成る機関投資家の共同体は、タックス・ヘイブンと呼ばれる架空の事業地からグローバル・ネットワークを自由に行き来しつづけており、通貨や証券の変動から短期的利益を上げる機会を求め、あるいは株式購入の可能性に備えて企業の収益性を高めようとしています。このようなスーパーリッチのための移動タックス・シェルターに保有されている推定100兆ドルの所有は20の投資ファンドに集中しています。

第四に、金融事業者は中央銀行が供給する潤沢な流動性の中で利益を上げています。各国の中央銀行は金融危機後の景気後退を終わらせるという名目で低金利の融資を行い、その結果数兆ドルの債券が発行され、世界の債務の水準を325兆ドルまで押し上げました。これは世界全体のGDPの3倍以上です。さまざまな政治的立場の経済学者の間で、このような債務の累積は破滅を招くことなしに無限に続くことはできないという一致した認識があります。

これらすべての失敗が重なって、災禍の条件が形成されています。

G 20は口先だけで、行動を伴っていません。G 20は大きな金融機関の利益によって支配されてきました。G 20は必要な行動を行わなかったことの責任と、世界を新たな金融危機の崖っぷちにさらしていることの責任を問われなければなりません。

グローバル金融システムの改革は緊急の必要性があります。また、この改革はグローバル資本主義システムのより広範な改革または変革の一環でなければなりません。この改革は世界の財源を貧困と不平等の一掃と気候変動との闘いに充当することに尽力する民衆金融システムの創設を含む必要があります。

これらは現在の時代の大きな課題であり、私たちはそれらを実現する民衆中心の機関を作り出さなければなりません。私たちはG 20ではなく世界の民衆に依拠しなければなりません。

この記事へのコメント