東京オリンピック・パラリンピック反対!3・27集会は予定通り開催します

コロナ・ウィルスの感染拡大で、集会・イベントの中止の動きが広がっています。

当集会の開催について、3月11日の第2回実行委員会で話し合った結果、開催することを再確認しました。

ウィルスへの対応については、一人一人が信頼できる情報と自分の体調、人との接触の条件等に基づいて判断することが重要であり、一律に決めたり、周りの雰囲気に合わせて決定することは必ずしも感染拡大防止に効果的ではないと思われます。

まだ収束の見込みも見えておらず、長期にわたって注意が必要になると予想されます。過度の自粛はさまざまな弊害があり、特に、パニックに乗じた言論・表現の抑圧が、ウィルスよりも危険とさえ考えられます。

そもそも安倍首相が東京オリンピック・パラリンピックの開催から逆算した、根拠のない感染防止策を指示し、その失敗を検証もせず次々と強権的な措置を打ち出して混乱を拡大したのです。そして東京オリンピック・パラリンピックの開催は福島原発事故を幕引きにするために最大限利用されようとしてきました。
ごく小規模な集会ですが、「おかしい!」という声を上げることが大事だと考えています。参加がむずかしい方は無理をされずに、コロナ対策も東京オリンピック・パラリンピックの開催も「おかしい!」という気持ちだけ共有しましょう。

89655090_3737636006278026_1452140335542042624_o.jpg

東京オリンピック・パラリンピック反対!3・27集会

福島原発事故の幕引きを許さない

3月27日(金)午後6時半
エルおおさか708

講演:
小倉利丸さん(「オリンピック災害」おことわり連絡会)
「私たちはなぜ反対するのか」
聖火リレーの隠された歴史に見るスポーツと政治の不可分の関係、グローバル化の危機とナショナリズムの台頭の中で国家的イベントに与えられた役割、世界の反オリンピック運動・・・

問題提起:
原発避難者の切り捨てを許さない
パラリンピックと障がい者差別・分断
巨大イベントを利用した立ち退き強制への抵抗
各分野からの発言/行動の呼びかけ:
反原発、反天皇制、教育、弾圧との闘いなど

■参加費

参加費800円
割引希望の方は受付でお申し出ください

■主催・連絡先

主催:東京オリンピック・パラリンピック反対!実行委員会

呼びかけ(2月13日現在):
3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち(ゴーウェスト)、ATTAC関西グループ、アジア共同行動・京都、労働者共闘、関西共同行動、釜ヶ崎センター開放行動、リニア市民ネット大阪、参戦と天皇制に反対する連続行動
[随時追加します]

連絡先:
090-4280-3952(喜多幡)または kitahata@ss.iij4u.or.jp

この記事へのコメント