法定協議会への市民アピール行動

どないする大阪の未来ネットからの呼びかけです。

第34回「大阪市廃止構想」(都構想)法定協議会への市民アピール行動への参加のお願い

世界的にも「コロナウイルス」感染被害は収束の出口も見えず、日本でも第2次感染拡大への兆しがあり、秋から冬にかけての「インフルエンザ」との大合流が大変気がかりです。

コロナ感染禍の中、生活や雇用の基盤さえ失う人が続出、中小商工業者、個人事業者などへの影響も深刻さが深まり、医療・介護の現場はより深刻で、従事する人たちの献身的努力に支えらている状態だと思います。戦後最大の経済不況・失業増の始まりの感がします。

国政や自治体は、持てる力と財力をフル動員して対策に当たらなければならないと思います。いま、「都構想」や「カジノ」、「世界に誇る万博」を考えている場合でしょうか?
    
「都構想・カジノを中断し、コロナ禍の生活・雇用・医療などに集中せよ!」都構想・法定協議会への市民アピール
⭐︎日時 6月11日(木)12時~13時(11時45分に阿倍野ベルタ 西側広場に集合)
⭐︎場所 「大阪市職員人材開発センター」(あべのフォルサの建物)周辺
       (13時より この場所で法定協議会が開催されます)
     *地下鉄・谷町線「阿倍野駅」下車 案内板に従って「あべのベルタ」の建物の裏へ、
     *「都構想中断」、「都構想やめろ」、「カジノやめろ」などの手製のポテッカー
       など持参いただくと助かります。 主催者でも横断幕など用紙します。

⭐︎主催団体  大阪カジノに反対する9団体懇談会(連絡先/カジノ問題を考える大阪ネットワーク 080-3836-3771)
   
チラシ(地図入り)添付します。拡散歓迎です。
           
20200611ビラ.pdf

この記事へのコメント