香港のグローバリゼーション・モニターが中国本土女性労働者のセクハラ・レポートを発表

香港のグローバリゼーション・モニター(全球化監察)が「中国女性工場労働者が直面するセクシャルハラスメント(2019)年」を公表しました。

136969355_10159083653239379_4049169119229183608_o.png

レポートの前書きを紹介します。

本研究は、中国大陸の工場環境において、女性労働者が日々直面しているセクハラの現状を明らかにするものである。

調査結果によると、インタビュー対象者の3分の1以上が職場でセクハラを受けたことがあり、被害者の15%近くが退職を選択したことがわかった。面接者の97%は、工場がセクハラ防止メカニズムを確立し、職場でのセクハラから女性労働者を保護するための対策を早急に実施すべきであることに同意した。

最後に、工場所有者、労働組合、女性連盟、労働者への提言がある。セクシュアル・ハラスメントを止めるために、労働者はまた、自分の権利を守るために自助グループを立ち上げることで自分自身をエンパワーする必要がある。

グローバリゼーション・モニター(全球化監察)のfacebookページ
https://www.facebook.com/GlobalizationMonitor/

このレポート(英語版)は以下で読むことができます。
https://www.globalmon.org.hk/sites/default/files/attachment/SH%20Report%202019_Final.pdf

この記事へのコメント