グローバル・ジャスティス研究会 3月の企画〜3・8国際女性デー「戦争と女性への暴力~東アジアの平和をめざして」

グローバル・ジャスティス研究会 3月の企画 

3・8国際女性デー「戦争と女性への暴力~東アジアの平和をめざして」

報告:秋林こずえさん(同志社大学グローバルスタディーズ研究科)
3月6日(土) 18:30~21:00
場所:ひと・まち交流館京都 第4・第5会議室(3階)
参加費:500円

「朝鮮半島に今こそ平和を!」キャンペーンは、2019年3月に婦人国際自由連盟(WILPF、1915年に創設された国際NGO)、「DMZ(非武装地帯)を越える女性たち」キャンペーン、ノーベル平和賞受賞女性イニシアチブ、(韓国)女性平和運動連合によって、「女性のイニシアチブで朝鮮戦争の終結、経済制裁の解除、朝鮮半島の非核化、フェミニストの視点からの平和の実現など」を目標に始められたキャンペーンです。

このキャンペーンの呼びかけ人の1人である秋林こずえさんは、「ジェンダーと平和」をテーマとした研究活動とともに、国際NGOを通じて戦争下の性暴力や、駐留外国軍による性暴力(韓国、沖縄、フィリピンなど)、性暴力が戦争の武器あるいは戦術と組み込まれている背景などについて調査、問題提起をされてきました。

世界的なコロナ感染の拡大の中でも、戦争と軍事的緊張、軍事力強化の動きが一層強まってきています。そんな中で、私たちの未来を国や政府に任せるのではなく、人々の国境を超えたイニシアチブで平和を実現していくために、ともに声を上げていきたいと思います。

*割引希望の方は受付で遠慮なくお申し出ください。
*換気と密集回避には十分に注意をしますが、体調や生活上の対人接触の条件等をご自分で判断し、無理のない範囲でご参加ください。
*化学物質の影響によるさまざまな疾患を訴えておられる方がいます。当日は柔軟剤、整髪剤、制汗剤、香水などの使用をなるべく控えるよう配慮をお願いします。

facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/232338438420188?active_tab=about

《ひと・まち交流館京都》
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 (河原町五条下る東側)
★電車:京阪・清水五条駅下車8分 地下鉄烏丸線・五条駅下車10分
★バス:市バス4・17・205号系統「河原町正面」下車

主催:グローバル・ジャスティス研究会 
080-2742-2590

この記事へのコメント