CADTM南アジアワークショップ報告③〜南アジア:新たな債権者と債務奴隷の新たな形態(2)

前回に続いて、「南アジア:新たな債権者と債務奴隷の新たな形態」の(2)です。今回は、「南アジアにおける中国の融資と投資」と「(南アジアにおける)企業債務と銀行部門」について述べられた部分です。 南アジアにおける中国の融資と投資 ワークショップの参加者は、南アジア(パキスタン、スリランカ、バングラデシュ、ネパール)における中国の攻撃的な融資政策と対外直接投資について議論した(イ…

続きを読む

CADTM南アジアワークショップ報告②〜南アジア:新たな債権者と債務奴隷の新たな形態(1)

4月6〜8日にスリランカのコロンビで開催されたCADTM(不当な債務長帳消し委員会)南アジアワークショップについては、本ブログでも取り上げてきましたが、ワークショップでの議論をまとめた論評を何回かに分けて掲載します。筆者は、GADTM国際書記局のナサン・レグランドさんです。 今回は、スリランカにおける政治危機と債務問題を取り上げます。 南アジア:新たな債権者と債務奴隷の新たな形態…

続きを読む

CADTM南アジアワークショップ報告①〜不正な債務に関するコロンボ宣言

少し遅くなりましたが、4月初めに行われたCADTM南アジアワークショップの内容について、順次報告していきたいと思います。ワークショップの概要については、すでに当ブログにアップされています。 http://attackansai.seesaa.net/article/458727520.html まず第1回目として、ワークショップの最後に議論され、採択されたコロンボ宣言です。 …

続きを読む