モンゴルにIMFなどが支援パッケージ〜さらなる緊縮政策押し付けか

2月19日、モンゴル政府は、財務省とIMF(国際通貨基金)との共同記者会見で、IMFから3年間で4.4億ドルの融資を受けることに合意したと発表しました。この融資は、55億ドルに上る経済安定化パッケージの一部とされています。 このパッケージには、IMFからの融資の他に、世界銀行やアジア開発銀行(ADB)、日本・韓国などからの最大30億ドルの財政支援、中国との150億元(20億ドル超)のスワップ協…

続きを読む

CADTM声明〜ギリシャがIMFに支払うべきでない4つの理由

12月14日、CADTM(不当債務帳消し委員会)インターナショナルは、声明「ギリシャがIMFに支払うべきでない4つの理由」を明らかにしました。この声明は、ギリシャ政府が12月7日、2010年の緊急救済資金の返済として、IMFに2.99億ユーロ(約367億円)を支払ったことについて出されたものです。 英語原文はこちらから。 この声明の中で、CADTMは「返済すべき理由」として、IMFからの融資…

続きを読む

ナイロビで債務帳消し市民フォーラムが開催

7月17~22日に、4年に一度の第14回国連貿易開発会議(UNCTAD)総会がケニア・ナイロビで開催されます。報道によれば、各国政府首脳や研究者、ビジネス界から6,000~7,000人が参加する見込みとのこと。 この会議に先立って、7月13〜14日、債務危機について民衆の立場から討論する市民フォーラムが開かれました。アフリカを中心に世界各国から約40名の活動が参加し、熱心な議論が行…

続きを読む