気候変動の影響か〜フィリピンで相次ぐ台風による被害

フィリピンで台風テンビン(台風27号)による被害が甚大なものとなっています。ミンダナオ島に上陸した台風テンビンによる死者は200人を超えると報じられています。フィリピンでは、1週間前にも台風カイタク(台風26号)がサマール島を直撃し、30人近くが亡くなりました。 このように、最近になって、巨大台風がフィリピンに上陸して、大きな被害を与える事例が急増しています。「クライメート・リアリティ・プロジ…

続きを読む

国際協力銀行による石炭火力発電への融資に環境NGOが抗議声明

11月14日、国際協力銀行(JBIC)は、丸紅とJERA(東電と中部電力の合弁会社)が出資しているインドネシア・西ジャワ州チレボン石炭火力発電所の2号炉建設事業に対して、7億3100万ドルの融資貸付に踏み切りました。COP23がまさに開かれている中、世界中で強まっている脱石炭の動きに逆行する暴挙に、日本の環境NGO3団体が連名で抗議声明を出しました。以下、全文を紹介します。 また、この問題を取材…

続きを読む

【COP23】11月11日デモ〜ATTACドイツのサイトから〜

11月11日のボンにおけるデモについて、ATTACドイツのサイトが詳しくレポートしていますので、紹介します。 土曜日に(ケルンでの)カーニバルがまさに始まった11時11分、2000人が参加して、それとは違った気候デモがボンの中心部で始まった。「怠け者の魔法は終わりにしよう!気候変動はノー!」のスローガンのもと、カーニバルの要素をあわせ持つようなカラフルなデモが、国連気候変動会議の会場に…

続きを読む