神戸石炭訴訟・民事訴訟期日報告会

神戸製鋼による火力発電所増設差し止めを求める神戸石炭訴訟・民事訴訟の弁論が神戸地裁でおこなわれました。以下は、裁判の期日報告会にWEB上で参加した報告です。 コロナ感染の拡大を受けて、裁判期日の取り消し・変更があったため、久しぶりの弁論となりました。期日報告会では、まず神戸の石炭発電火力を考える会から、原告団との共同声明について、問題提起がありました。国は、煙突のところでの排出基準が守られ…

続きを読む

神戸石炭訴訟行政訴訟(第6回)傍聴記

2月17日、大阪地裁において、神戸石炭訴訟行政訴訟の第6回口頭弁論がおこなわれました。 まず、14時からはじまった口頭弁論では、双方の提出書類の確認の後、原告代理人の池田弁護士から原告準備書面(6)のポイントについて説明がありました。まず裁量権の問題について、「行政処分の裁量は広い範囲にわたることは認めざるを得ないが、人権侵害のおそれがある場合、国民の健康に差し迫った危険が及ぶ場合には裁量…

続きを読む

神戸石炭訴訟・民事第6回期日のレポート(1/28)

1月28日、神戸石炭訴訟の民事訴訟第6回口頭弁論がおこなわれました。神戸地裁101号法廷には、初めて傍聴したという方々も含めて、傍聴席をほぼ満席にする原告や支援者で埋まりました。 口頭弁論の中では、原告準備書面(9)について、原告代理人が要約して説明。 まず浅岡弁護士が、「被告は、原告らが法的保護に値する権利を持っていないと主張しているが、気候変動による影響は、人の生命・健康などへの…

続きを読む