COP22〜社会運動団体による声明「土地は炭素より価値がある」

モロッコのマラケシュで開かれているCOP22に関連して、世界の社会運動団体が連名で声明を出しています。各国政府やアグリビジネス多国籍企業から、二酸化炭素の削減ではなく、土地を使った「炭素隔離」の方向が出されていることへの抗議声明です。署名した社会運動団体の中には、ATTACフランス、CADTM、ビア・カンペシーナなども含まれています。 以下、Global Forest CoalitionのHP…

続きを読む

ATTAC/CADTMモロッコの声明(全文)

昨日アップしたATTAC/CADTMモロッコの声明について、全文を掲載します。なお、英語版の原文はこちらから。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ATTAC/CADTMモロッコの声明(2016年9月15日) COP22 マラケシュ(モロッコ)に向けて 気候変動に対する社会運動の戦略は何か?  モロッコは11月7-18日、マラケシュで開催されるCOP22を主宰するための準…

続きを読む

COP22に向けて、ATTACモロッコが声明

COP22は、11月7日〜18日、モロッコのマラケシュで開かれます。モロッコ政府は、COP22に向けて、ウエブサイトの開設(公式ウエブサイトはこちらから)、準備委員会内に「市民センター」を設けて、アフリカ各国や国内でのキャンペーンツアーを計画させるなど準備を進めています。 ATTAC/CADTMモロッコは、9月15日に声明を発表し、COP22に先立って11月4日〜5日にモロッコのサ…

続きを読む