連続学習会「財政から読みとく日本社会」第2回報告

7月16日、ATTAC関西連続学習会「財政から読みとく日本社会」の2回目をおこないました。今回は、第2章「小さな政府はどのようにつくられたか」を取り上げました。 この章では、世界的に見ても日本政府は伝統的に「小さな政府」であったこと、それが戦前の1931年の高橋蔵相による「金本位制の放棄」と「財政健全化」政策にまでさかのぼりること、「小さな政府」の考え方が自己責任論の根底にあることなど、あまり…

続きを読む

公開講演会「欧州難民危機の虚像と現実」

グローバル・ジャスティス研究会が共催する講演会のお知らせです 公開講演会「欧州難民危機の虚像と現実」 (フランス語・逐次通訳あり) 2015 年の「難民危機」以来、ヨーロッパの国境政策の是非が問われている。「人道主義」の見地からシリア難民をより積極的に受け入れるべきか。あるいは「現実主義」の観点から、国境管理を強化し、大量流入に備えるべきか? 一般に「現実主義」を主張す…

続きを読む

韓国は今part2〜文在寅政権で、韓国・東アジアはどう変わるか?

グローバル・ジャスティス研究会・7月の企画 文在寅政権で、韓国・東アジアはどう変わるか? 7月22日(土) 午後6時半(6時開場) ひとまち交流館 京都第5会議室(京阪清水五条駅下車) ☆報告☆ 韓国は今 Part2 - 新政権の出発と「核・ミサイル危機」 ? 東アジアの平和のための課題」 崔誠一さん 在日韓国民主統一連合(韓統連)大阪本部・事務局長 4月に続いて…

続きを読む