12・19(土)講演と討論:エコロジーと社会主義

12・19(土)講演と討論:エコロジーと社会主義 『エコロジー社会主義 気候破局へのラディカルな挑戦』(ミシェル・レヴィー著・寺本勉訳)出版記念 第1部 エコ社会主義とは何か 報告と質疑 第2部 エコロジーと社会主義をめぐる議論について オルタグローバリゼーション運動とエコロジー社会主義、斉藤幸平氏の学説をめぐる論争、グリーン・ニューディールとエコ社会主義、「脱成…

続きを読む

「監禁日誌」-ロックダウンの55日間・フランスからの報告〜グローバル・ジャスティス研究会6月の企画

グローバル・ジャスティス研究会6月の企画 「感染症が問いかける人間社会のあり方②」 「監禁日誌」-ロックダウンの55日間 フランスからの報告(インターネットによるライブ) お話:飛幡祐規(たかはた ゆうき)さん 在フランス、エッセイスト、翻訳家、ジャーナリスト 著書に『時間という贈りもの フランスの子育て』(新潮社)2014。 訳書にフランソワ・リュファン著『裏切りの…

続きを読む

ATTAC関西学習会新シリーズ「感染症の世界史」7/5スタートします

ATTAC関西グループ連続学習会・新シリーズ:7月5日スタート テキストは「感染症の世界史」石 弘之、角川ソフィア文庫 第1回 7月5日(日)午前10−12時 淀川区民センター・小会議室(隣接の和室も使用します) *コロナ感染対策で定員の制限があるため、参加希望の方は事前に申し込んでください(申込先は下記) 2011年3月11日のあと、人々は原発問題について自分たち…

続きを読む