「監禁日誌」-ロックダウンの55日間・フランスからの報告〜グローバル・ジャスティス研究会6月の企画

グローバル・ジャスティス研究会6月の企画 「感染症が問いかける人間社会のあり方②」 「監禁日誌」-ロックダウンの55日間 フランスからの報告(インターネットによるライブ) お話:飛幡祐規(たかはた ゆうき)さん 在フランス、エッセイスト、翻訳家、ジャーナリスト 著書に『時間という贈りもの フランスの子育て』(新潮社)2014。 訳書にフランソワ・リュファン著『裏切りの…

続きを読む

ATTAC関西学習会新シリーズ「感染症の世界史」7/5スタートします

ATTAC関西グループ連続学習会・新シリーズ:7月5日スタート テキストは「感染症の世界史」石 弘之、角川ソフィア文庫 第1回 7月5日(日)午前10−12時 淀川区民センター・小会議室(隣接の和室も使用します) *コロナ感染対策で定員の制限があるため、参加希望の方は事前に申し込んでください(申込先は下記) 2011年3月11日のあと、人々は原発問題について自分たち…

続きを読む

「ムリバイカル記憶の日」〜2009年5月18日 スリランカ>7万人の犠牲の真実究明を!

グローバル・ジャスティス研究会の企画を紹介します。 「ムリバイカル記憶の日」〜2009年5月18日 スリランカ>7万人の犠牲の真実究明を! 5月17日(日) ミニ学習会とスタンディング 午後1時~「わたつね」(京都市中京区柳馬場三条上る) ※準備の都合がありますので、参加ご希望の方はなるべく事前に、できれば5/14(木)までに下記までお申し込みください。  fried…

続きを読む