グローバル・ジャスティス研究会7月企画「フランスZAD運動に見る新しい共同への模索」の報告(1)

7月1日、同志社大学において、グローバル・ジャスティス研究会7月企画として、シンポジウム「フランスZAD運動に見る新しい共同への模索」が開かれました。 実際に、ZAD運動の現場に参加された根岸恵子さん(ATTAC Japan首都圏)からのレポートを中心に、日本での不必要な大規模開発の例として、リニア新幹線問題について、春日直樹さん(リニア市民ネット大阪)の報告・質疑討論・菊池恵介さん(同志社大…

続きを読む

定例学習会「脱成長の時代の人間の働き方と幸福~生物の遺伝・進化の視点から」レポート

ATTAC関西の連続学習会は、新しいシリーズを始めています。テーマは、「脱成長の時代の人間の働き方と幸福~生物の遺伝・進化の視点から」です。今までとは少し違う切り口から、社会や経済を考えていく学習会です。 1回目となる4月1日の学習会では、アリの社会についての研究が紹介され、生物の増殖には環境による制限が加わることから、人間の経済活動も無限に拡大をつづけていくことはできないことが説明されま…

続きを読む

気候を変えるな、システムを変えよう!

3月17日、ATTAC関西の呼びかけ、ノーニュークスアジアフォーラムの協力で「反核WSF・COP23対抗アクション報告会」が開かれました。会場のエルおおさかには25人の方に集まっていただき、ATTAC関西グループの寺本勉さんが「核兵器も原発もいらない!気候を変えるな、システムを変えよう」と題して、昨年11月にパリとボンで行われた反核WSFとCOP23対抗アクションの参加報告をレポートしました。 …

続きを読む