モンサント国際法廷で判事が法的見解を出す(再掲)

以下の記事は、4月21日に投稿されたものですが、なぜか見れなくなっていましたので、再度投稿し直しました。 4月18日、モンサント国際法廷で判事たちが法的見解を発表しました。 モンサントは、世界の遺伝子組み換え食品の90%を生産する巨大多国籍企業で、遺伝子組み換え種子以外にも、枯れ葉剤や成長ホルモンなどを生産しています。昨年10月、環境NGOなどが提訴して、モンサント国際模擬法廷が開かれ、…

続きを読む

エクアドル・インタグSOSキャンペーン〜講演会のご案内

≪エクアドル・インタグSOSキャンペーン≫ ◆5.15講演会  「水を守り、水と共に生きる-小水力発電の可能性 ~持続可能な地域づくりへ~」 21年にわたり鉱山開発に抵抗してきたエクアドル・インタグの住民たち、その抵抗の基盤の一つとなってきたのが破壊的な開発とは異なる「別の道」-森林農法によるコーヒー生産をはじめとした様々な営みです。現在、中央政府らが鉱山開発を強権的に推し進めようと…

続きを読む

スタンディング・ロックの闘いは続く

トランプ大統領の石油パイプライン建設推進の方針を受けて、ミズーリ川を管轄する陸軍工兵隊は、ダコダ・アクセス・パイプラインの建設を進めているEnergy Transfer Partners社にパイプライン完成の許可を出しました。そして、2月下旬には、工兵隊が抵抗キャンプの閉鎖を命じ、キャンプにとどまっていたスー族や支援者たちによって最後のスタンディングが行われました。 会社側は詳細は明らかにしな…

続きを読む