鉱山開発への抵抗続けるインタグの人々

SOSインタグ・キャンペーンのMLからの転載です。インタグ現地での抵抗を報道する地元紙の記事と解説です。 ●地元紙、エル・ノルテより(6月27日)「コタカチ市民、鉱山開発に反対を表明」 <訳文> ナングルヴィ川(ナングルヴィ・バホ、エル・パライソ、サンタ・エレナ、ラ・ロマのコミュニティー)周辺地域の、少なくとも200名の人々が、ペニャエレラ区長とともに、エナミ(訳注:エクアドル…

続きを読む

【転載】インド最高裁がモンサントの訴え却下〜種子特許を認めず

印鑰智哉さんのfacebookからの転載です。 これまたインパクトのあるニュース(朗報)。インド最高裁はモンサントの訴えを退けて、種子への特許を認めない判決を下した。モンサントはインドを出て行くか? モンサントは殺虫成分であるBt毒素を作り出す遺伝子組み換えコットンの特許を主張。その形質を用いた種苗会社から未払い特許料の請求を求めていた。しかし、4月11日、インド高裁はモンサントの訴…

続きを読む

インタグ最新報告〜本格採掘に向けた工事が進む

インタグ鉱山開発に関する最新報告です。インタグSOSキャンペーンの一井リツ子さんによるものです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー みなさま 遅くなりましたが、先日インタグ一週間程へ行ってまいりました。 ご一緒した太平洋資料センター(PARC)の宇野さんが、下記に書かれているようにリアルに、フニン村や森でも工事が急速に進められている印象をもちました。 フニン村の入り口の橋の建設と…

続きを読む