TPPで問題になっているISDS条項をめぐる最近の事例

TPPで問題になっているISDS条項をめぐる最近の事例について紹介します。ISDS条項とは、「「投資家と国家の紛争解決手続き」条項のことです。 世界銀行のICSID(国際投資紛争解決センター)がパシフィックリム社のエルサルバドル政府への賠償要求を却下 カナダの鉱山会社パシフィックリム社は、エルサルバドル北部のカバニャス県のレムパ川付近に埋蔵されている金の採掘を計画しましたが、水の汚染や環境へ…

続きを読む

トラクタ、むしろ旗先頭に、TPP反対を訴え〜ストップ!TPP御堂筋パレード

10月29日、「ストップ!TPP緊急行動 御堂筋パレード」がおこなわれ、ATTAC関西も参加しました。 うつぼ公園での集会では、農業、食品の安全、保険制度、水道民営化、労働法制改悪など、さまざまな観点からTPP反対が訴えられました。そして、宣伝カーの上に、共産党の辰巳コータロー参院議員、社民党の服部良一元衆院議員、自由党の渡辺義彦元衆院議員に加えて、t通りがかりの国会議員です」と山本太…

続きを読む

企業をコントロールする

英国の「グローバル・ジャスティス・ナウ」(ATTAC UK)のウェブに掲載されているレポート「企業をコントロールする 多国籍企業と人権に関する国連条約を支持する理由」の日本語訳です。原題は、“Controlling Corporations - The case for a UN Treaty on Transnational Corporations and Human Rights” で、原…

続きを読む