ラナプラザの悲劇から7年-バングラデシュの衣料労働者への連帯を

ラナプラザの悲劇から7年 – バングラデシュの衣料労働者への連帯を 7年前(2013年)の4月24日、バングラデシュ・ダッカ近郊のラナプラザ(8階建ての雑居ビル)が倒壊し、入居していた3つの工場の労働者1100人以上が犠牲になりました。 その後、世界の労働組合や消費者団体が衣料品ブランドや小売店チェーンに対して衣料工場の安全のための協定を締結させ、工場の点検・修理や、犠牲…

続きを読む

オックスファム報告書「Public Good or Private Wealth?(公共財か、それとも私有財産か?)」

1月22〜25日に、スイスのダボスで「世界経済フォーラム」、いわゆるダボス会議が開催されます。開催を前にして、オックスファムが1月21日、「Public Good or Private Wealth?(公共財か、それとも私有財産か?)」と題する報告書を発表しました。 報告書の英語要約はオックスファムのサイトからダウンロードできます。 https://www.oxfam.org/en/re…

続きを読む

Oxfam報告書〜マスメディアによる報道

世界の貧困と拡散に関するOxfam報告書について、マスメディアでも取り上げられています。 毎日新聞に掲載された共同通信配信の記事によれば、「報告書は、8人の資産が計4260億ドル(約48兆7千億円)に上り、世界人口73億5千万人の半分の合計額に相当すると指摘。1988年から2011年にかけ、下位10%の収入は年平均3ドルも増えていないのに対し、上位1%は182倍になったとしている。」とのことで…

続きを読む